ヴァルトラウト・マイヤー『トリスタンとイゾルデ』 157

157、2016年6月20日

 ジョン・フレデリック・ウェスト(トリスタン)
 ヴァルトラウト・マイヤー(イゾルデ)
 クルト・モル(マルケ王)
 ベルント・ヴァイクル(クルヴェナール)
 マルヤナ・リポヴシェク(ブランゲーネ)、他
 バイエルン国立歌劇場管弦楽団&合唱団
 ズービン・メータ(指揮)
  演出:ペーター・コンヴィチュニー
 装置&衣装:ヨハネス・ライアッカー
 収録時期:1998年
 収録場所:ミュンヘンバイエルン国立劇場(ライヴ)
  映像監督:ブライアン・ラージ

f:id:a1093354:20160620080831j:plain

恵比寿のガーデンシネマで、ヴィスコンティーの『ルードヴィッヒ』のデジタル復興版の上映があったので、半休をとって観にいった。

さほど、綺麗に修正されているようには思えなかった。同じイベントの『山猫』の方が、画像が冴え冴えしていたように思った。

っで、『ルードヴィッヒ』を観たら、『トリスタンとイゾルデ』に粘着テープのような憧れを抱き、そして今回の、『トリスタン』、となった。